スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ビチクソの奇妙な冒険

2007年ある男がパチスロマーベルヒーローズと出会う。

5号機初期の当時としてはありえない程の万枚報告、そしてARTG数上乗せという4号機AT機ライクな仕様に男は夢中になった。

マーベルのあまりの面白さに衝撃を受けた男は2chスロ板の住民であったこともあり、頻繁にマーベルスレをチェックし日々知識をつけることに没頭する。

2009年パチスロマーベルヒーローズの実機を購入。

この時期も男はまだホールでマーベルを打っていた。

導入当初とは違い、高設定投入率は激減、もはや好きなやつが負け覚悟で打つ養分台となっていた。

それでも男はかまわなかった。

ARTに突入する度にどんな展開が待っているのか心の底からワクワクした。

2chマーベルスレも徐々に書き込みは減っていき、新しいスレもいらないんじゃないかという話が住民の中で出始めた。

男はそれが本当に悲しかった。

2chの中でもマーベルスレは本当に暖かいレスが多く、大人な住民が多かった。

結婚式でマーベルの音楽を使ったやつ、万枚をリアルタイムで実況で報告したやつ、嫁から手作りエックスゲートのキーホルダーを作ってもらってうれしそうにうpして自慢するやつ、馬鹿なやつもたくさんいたがすごく面白いスレだった。

しかしマーベルの人気は陰りを見せはじめ本当にスレ自体が消滅する雰囲気だった。

この日男は二年以上見ていたマーベルスレに初めてコテハンつきで書き込みをしてみた。

2chでコテハンを付けるやつなんてロクなやつじゃないと思っていたし、かまってちゃんが多いということも十分わかっていた。

しかし男はコテハンをつけて書き込みをした。

名前はたまたま読んでいたジョジョの奇妙な冒険のマライヤのセリフ「このビチグソが~!」から取ってビチクソにした。

住人の反応はわかりやすく、「クソコテが湧いたな・・・」とか「ビチクソタヒね!」等結構きつい言葉が多かったが書き込みが増えると同時にスレに少し活気が戻ってきた気がした。

しばらくコテハンをつけて書き込んでいると数名の住人が返事をくれるようになった。

それまではほとんど無視に近かったが、ビチクソはそれがちょっとうれしかった。

当時ビチクソはにわか知識で書き込んでるやつに対しては高圧的な口調でレスを返すキャラであった。

あくまでもキャラなのでキャラ作りも結構大変だな等とわけのわからないことを考えつつも毎日スレチェックをしていた。

なんとかスレが消滅せずに日々を過ごしているとある住民が「お前実機持ってるならニコニコにでもうpしろや」といってきた。

ビチクソはカメラといえば3年前のデジカメしかなかったしとてもじゃないが無理だろうと思っていた。

一応カメラスレに行って色々聞いてみるも、マーベルスレの住人にカメラスレに行って質問していた事がばれてしまい「お前本気でうpしようとしてんじゃねーかwww」などど言われながらレスを晒された事もあった。

そして2009年に男は一本目の動画をあげた。

当時はニコ生もなかったし、実機配信もそこまで活発には行われていなかったため、手探りながらも何本かあげていった。

マーベル好きな方に見てもらえたのとコメントがもらえた事がとてもうれしかった。

そして時は流れた。

ニコニコではニコ生というサービスが始まり実機配信も段々多くなってきていた。

ある日ビチクソがニコ生にて生放送を行っていると突然彼女が帰宅した。

ビチクソはニコ動に動画をあげていることやニコ生で配信していることは秘密にしていたが急な帰宅でばれてしまった。

リスナーは楽しんでいたようだが、ビチクソ自身はやめさせられるんじゃなかろうか等と考えてすごく焦っていた。

しかし思いのほか乗り気な彼女はビチ子という名前でその後もちょくちょく生放送をするようになり、しまいには実機も買った。

ビチクソ自身も企画をやってみたり、動画をうpしたり、趣味の一つとしてとても楽しめていた。

しかし壁というのは突然やってくるものである。

2011年、ビチ子と徐々にすれ違いの生活が始まる。

仕事の時間が合わない事等もあり会話が減っていく。

楽しかった生放送も段々できなくなり、動画をうpするのも時間を作るのが難しくなっていった。

リスナーに相談した事もあったし、ビチ子と話し合ったりもした。

その結果少し離れて暮らしてみようという事になった。

離れて暮らす事によってわかることもあるだろうし、それぐらいで別れるのだったら始めから結婚なんて無理なんだろうと思う。

そして仕事もやめた。

通うには遠すぎるというのが理由。

そしてビチクソの所持金は現在5千円!

はっきり言って引越しすら困難である。

なぜこんなに金がないかというとサクラ大戦が原因である。(当然それだけではない)

ビチクソはサクラ大戦を許さない。

いつかくろじろーさんと対決してもらえたら、サクラ大戦をフルボッコにしたいと考えている。

とりあえず実家に帰り仕事をして再び一人暮らしを始めようと思う。

その為に少し実機配信をお休みすることにした。

おそらく二ヶ月は少なくともかかるだろう。

実家にネット環境がないため携帯ぐらいしか連絡手段がないので要件がある方は携帯までお願いします。

そしてビチクソは驚異的なヒキを身につけ再び戻ってこようと思う。

とりあえずは滝に打たれる等の修行により心身共に鍛える予定だ。

当然マーベルプレミアコンプはまだ終わらない。

それでは皆さんまた会いましょう。

次に会う時はスーパービチクソになっている事をお約束します。

ビチクソの奇妙な冒険第一部 完
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。